TOPページへ戻る
サブコンテンツ1へ
サブコンテンツ2へ
サブコンテンツ3へ
サブコンテンツ4へ
サブコンテンツ3
オススメメールマガジンで稼ぐ

メールマガジンとは、メールアドレスを登録した人に稼げる情報や有益な情報を提供できるサービスです。情報のジャンルは何でも構いません。ネットジビネス、お買い得商品、節約術、食べ物、ギャンブル、経済、薬品、恋愛など幅広くあります。自分の得意なジャンルに絞って情報提供するのが基本です。

無料でメールマガジンを発行できるサイトには以下のものがあります。代表的なサイトはまぐまぐ!とmelma!です。

メールマガジンの稼ぎ方

メールマガジンで稼ぐ方法には大きく分けて2つあります。メールの文章にアフィリエイトURLや商品リンクURL、情報商材URLなどを貼って稼ぐ方法と、メールの購読料を取って稼ぐ方法です。メールの購読料(有料メールマガジン)とは、お金を払ってくれた人限定にメールを配信できるサービスです。

有料メールマガジンは有名人じゃないと稼ぐのは非常に難しいです。メールをお金を払ってでも見たいという人はほとんどいません。無料ですら登録者を集めるのには苦労します。普通の人が有料メールマガジンで稼ぐのはまず不可能です。

メールマガジンは読者数を集めるのが成功する為のポイントです。しかし、情報商材アフィリエイト以外では読者数が1000人いてもほとんど稼げていないのが現状です。フリーのメールアドレスを使っている人はメールボックスに〜で月収70万円稼いだ方法を教えますのようなメールが届いたことがあると思います。あれがメールマガジンです。

あのメールを見てそれをやろうと思う人はほとんどいないと思います。実際私も触ったことがありません。ウイルスに感染する可能性があるからです。メールマガジンは登録制なのであれよりはマシですが、基本的にはあれに近いものです。

メールマガジンは有益な情報を提供し続けて読者の信用を得る必要があります。商品販売系のアフィリエイトと似ていて、この人の紹介している商品なら買ってもいいと思ってもらうことが大切です。なので、最初は無償で有益な情報を提供し続けましょう。そうすれば読者数が自然に増えていきます。

メールマガジンはTwitterと同じくメインのサイトやブログを補助する形として使うのが一般的です。メールマガジンにより信頼性が増し、集客効果と成約効果が期待できます。利益率の非常に高い情報商材のアフィリエイトをしている人などはほとんどメールマガジンを利用しています。

メールマガジン単体で稼ぐのは難しいので、ブログなどと連携すると効果的です。ブログがあることで信頼性が一気に増します。本格的にやるなら、ブログかサイトとの連携は必須だと言えます。

メリットとデメリット

メールマガジンのメリットは、文章を書くだけで良いことと、無限に読者が増えていくこと、収入がなくなるリスクがないことです。この3つのメリットはどれも非常に強力です。メールマガジンはサイトやブログの作成などをする必要がないので文章を書くだけでOKです。HTMLやCSSなどの知識なども必要ないのですぐに始められます。

サイトやブログの作成は思っている以上に手間がかかり、時間と労力が要ります。更新作業なども必要です。これをしなくて良いというのはかなりのメリットです。

メールマガジンは検索エンジンからの集客ではないのでアクセス数に上限がありません。サイトやブログの場合、アクセス数が一定まで来るとあまり伸びなくなってきますが、メールマガジンはどんどん増えていきます。これも非常に有効な所です。

メールマガジンはサイトやブログのようにSEOに依存しないのでリスクが非常に少ないです。検索エンジンのアルゴリズム変動の影響を受けません。読者のメールアドレスさえ管理しておけばまた始められます。この点も大きく安心できます。

メールマガジンのこの3つのメリットは最強とも言えます。攻守共にほぼ隙がありません。特に infotopinfocartなどの情報商材アフィリエイトと組み合わせた場合に力を発揮します。

メールマガジンのデメリットは、文章力がなければ稼ぎにくいことと、ほったらかして稼ぐことが難しいことです。他のアフィリエイトやブログでも文章力は必要になりますが、メールマガジンではその割合が高いです。読んでもらえる文章を書ける力がなければメールマガジンで稼ぐことはできません。

通常のアフィリエイトなどでは検索エンジンの上位に表示されればある程度の信頼性が得られますが、メールマガジンはその過程を飛ばしているので信頼性に欠けます。なので、定期的にメールマガジンを発行することと、お客さんに読んでもらえる文章の書き方や、信頼を集めやすいブログやサイトなどが必要となります。

また、文章力に頼っているのでランキングの比較サイトのように情報に頼ったアフィリエイトがしにくいです。メールマガジンで単に売れ筋商品をランキングにして書いて送った所で誰も買わないでしょう。これは通常のアフィリエイトでも言えることですが、信頼を集めやすい読んでもらえる文章を書く能力がメールマガジンでは特に求められます。

メールマガジンのもう1つの弱点は、サイトやブログのようにほったらかして稼ぐのが難しいということです。自動化したい場合は、アスメルステップメールのようなスケジュール通りに自動でメールを送信できるサービスが必要になります。これとブログやサイトとメールマガジンを連携させれば放置しても稼ぐことができるようになります。

ステップメール

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

遊戯王カードの転売で稼ぐ

これはなかなか面白い方法ですが、コンビニやおもちゃ屋などで遊戯王カードを仕入れて転売して稼ぐという方法があります。カードは遊戯王でなくても、人気のあるトレーディングカードなら何でも構いません。

カードを仕入れるというのは、計量器を使ってカードパックの重さを量ってレアカードを見つけ、それを買い占めるということです。これを計量サーチと呼びます。レアカードは使われている材質が異なり、カードパック全体の重さが違います。それを利用することで当たりのカードを探すことができます。

この方法は基本的に深夜に行います。深夜のカードが出荷される時間を見計らってコンビニへ行き、計量サーチをします。深夜のコンビニ店員と仲良くなっておくのは重要です。コミュニケーション能力があればスムーズに行うことができます。

当たったレアカードは、カードショップヤフーオークションなどに売ることができます。カードショップに売る場合は、大量にカードをまとめて売った方が送料が安くなるのでお得です。しかし、値段としてはヤフオクの方が高値で売れます。

以下のサイトは、この方法で稼ぐ際に参考になるサイトです。カードサーチの種類や、実際の重さの測り方の動画が載っています。

メリット

この方法のメリットは、確実にお金を稼ぎやすいことと、一番レアなカードだけを選んで買うことができるということです。遊戯王カードの重さは、8.90〜8.87gであればレアカードなので当たりです。電子天秤などの計測器を使えば当たりかどうかは簡単に分かるので、今後ダミーの重さのカードパックでも出ない限り確実にお金を稼ぐことができます。

レアカードは、種類にって重さが異なります。スーパーレアカードが一番重く9グラム以上、ウルトラレアとホロは重さが近く8.90グラム〜8.99グラム、レリーフとレアカードは同じ重さです。狙い目としてはウルトラレアとホロです。スーパーレアやレアはお金にならないものが多く、場合によっては損失が出ます。

デメリット

デメリットは、店によっては許可されない場合があることと、車やバイクがないと店を回れずほとんど利益にならないことです。コンビニはローソンなら比較的やりやすいですが、セブンイレブンなどは断られる場合があります。これは店舗によるとしか言えません。

同じ店であまりやりすぎると、店長やオーナーなどに怒られる可能性があります。何回も連続してやらない限りは出入り禁止などにはならないでしょう。同じ店でやりすぎないというのが大切です。

1つの店でやっただけでは、あまり利益になりません。なので店舗を回る必要があります。車かバイクがあることが理想的です。これを専業にしている人は、決められた時間に決まった店をハシゴしてレアカードを収集します。本格的にやるなら車かバイクは必須だと言えるでしょう。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

チェック独自ドメインの転売で稼ぐ

独自ドメインというのは、.comや.jp、.netなどの自分だけのオリジナルURLのことです。○○○.comや○○○.jpなど、○の部分に好きな単語や語句を入れることができます。このドメインをあらかじめ取得しておき、それを後で販売して稼ぐという方法があります。

例えば、人気アイドルグループのAKB48の単語を入れた、akb48.comというドメインは1000万円、現在は貴重な3文字ドメインのjpx.comは4200万円、テレビ番組の笑っていいとものいいとも.comは800万円という価格でオークションに出品されています。

最近では、iphone5.jpというドメインが9万円で出品されていました。しかし、入札はなかったようです。そろそろiphone6.comや.jpが取得されている頃でしょうか(笑)。

ドメインは名前が有名なもの、あるいはページランクが高いものが高値で売れます。ページランクというのは、Googleが評価しているドメイン自体の価値です。ページランクが高いサイトは、検索で上位に表示されやすくなります。

ドメインはドメインオークションやヤフオクなどで取引されています。ドメインオークションができるサイトは以下です。

出品されているドメインの相場は、だいたい6,000円〜30,000円ぐらいです。お名前.comVALUE DOMAINムームードメインではドメインの入札も多く、ドメインの転売で稼ぐことができます。

メリットとデメリット

ドメインの転売のメリットは、手堅く稼ぐことができるということと爆発的に稼げる可能性があること、副業に向いているということです。

ドメインは人気のミュージシャンや人気のゲーム、人気のアニメなどのものであれば売れないということはまずないので、手堅く稼ぐことができます。ドメインはお名前.comムームードメインなら格安で取得できます。

.comは920円、.netは600円、.jpは2,840円、.asiaと.xyzは150円、.infoと.coは380円、.bizは580円、.orgは480円のようになっています。人気があるのは.comや.jp、.netですので、この3つのドメインを取得することになるでしょう。

ドメインは取得してから1年経つと更新料金を払わなければなりません。その料金は取得料金と同じか、それ以下です。.comや.netのドメインなら更新料金を計算しても赤字になることはまずありません。

ドメインの転売は、上述の人気アニメや人気アイドルグループ、人気ゲーム機などのドメインを取ることができた場合、爆発的に稼ぐことができます。ps4.comやxboxone.comなどを取得できていれば、500万円以上稼ぐことも夢ではありません。

ドメインの取得なんて30分もあればできるので、30分が大金に化ける可能性があるわけです。しかし、当然ですがそういったドメインの取得は難しいです。それらのドメインはドメイン業者によって取得されてしまうのがほとんどなので、かなり前から予測してドメインを取っておく能力が必要になります。

ドメインの転売はアフィリエイトやオークションの転売、せどりなどのように手間がかかるわけではないので、副業感覚で行うことができます。基本は半年か1年に1度ドメインを取得し、1,2年後に売るという流れになるでしょう。予約商品の転売に近いビジネスと言えます。

ドメインの転売のデメリットは特にありません。強いてあげるとドメインが売れ残ることですが、売れ残っても損失は1年で1,000円程度なので、気にするほどではないでしょう。ドメインの転売は、リスクが極端に少なく、時間や労力もかからない変わったビジネスです。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

海外から商品を仕入れて稼ぐ

これはできる人がある程度限られますが、海外から商品を仕入れ、それをヤフオクなどで売って稼ぐという方法があります。アメリカや韓国、中国などでは日本と物価とお金の価値が異なり、日本の半値の値段で商品が買えたりします。この差額を利用して稼ぎます。これを輸入ビジネスと呼びます。

1つ目のやり方は、定期的に外国と日本を行き来している人と友人になることです。自分で外国に行ったのでは莫大な費用がかかりますし、外国語も話せなければならないので現実的ではないでしょう。しかし、知人や友人、教師などに頼むことで費用をかけずに行うことができます。

2つ目は、eBay(sekaimon)などの海外オークションで輸入する方法です。このオークションは全世界で使われているので、落札・出品ともに数が凄まじく多いです。海外の相手との取引ですので、利用にはPayPalかクレジットカードはほぼ必須です。

eBayでは日本の商品は人気があり、アニメ系グッズやアイドル系グッズ、雑誌、服、工芸品などを出品すると売れます。eBayから商品を仕入れるのではなく、日本の商品をeBayに出品して稼ぐこともできます。これを輸出ビジネスと呼びます。

稼ぎやすい商品

海外商品で稼ぎやすいのは、スケートボードやスノーボード、人気の高い服などです。これらは比較的利益が出やすいです。ブランドバッグや高級時計などは利益は出やすいですが偽物も多く、商品を見極める力が必要になります。

稼げる商品自体は、eBayとヤフオクで値段の相場を比べれば分かります。この方法はせどりやヤフオクの転売にも応用できます。調べたい商品の相場と送料などの差額が利益です。ただし、eBayから商品を買う場合は送料が非常に高くなるので注意しましょう。また、商品が届くまで2〜3週間程度の時間がかかります。

メリットとデメリット

この方法のメリットは、転売の中では大きく稼げる可能性が非常に高いことです。ヤフオクとモバオクの転売やせどりに比べ、海外商品なので大きく稼げる可能性を秘めています。輸入ジビネスは専業にしている人もおり、商品を見極める力があれば生計を立てることも可能です。

デメリットは、海外商品なので英語などの言語力がある程度必要になること、輸入なので関税が取られる場合があること、商品の発送に時間がかかること、詐欺にあった場合の対応が難しいことです。中学生ぐらいの英語を読める能力がないと輸入ジビネスは難しいです。トラブルがあった場合などにも困ります。

関税とは、海外からの輸入品に課せられる税金です。Amazonなどで海外から商品を買っても関税は必要になります。対象の商品額が16,666円以下なら税金はかかりません。なので個人輸入であればほぼ気にする必要はないでしょう。高額な商品を扱う場合に注意が必要なものです。

eBayの利用方法

商品代金の支払いはPayPalかクレジットカードがあれば楽です。eBayで商品を落札すると出品者から通知メールが来ます。基本的なシステムはヤフオクと同じです。出品者から請求書が来たらペイパルなどで代金を支払い、その後2〜3週間ほどで商品は届きます。

eBayはヤフオクと違い、出品者と連絡を取り合う必要がありません。その為英語ができなくても取引が可能です。eBayに登録してある名前・住所情報が出品者に通知されます。これは日本の商品をeBayで売る場合でも同じで、取引は非常に楽に行うことができます。

eBayを利用した輸入ビジネスはライバルも少なく、ネットジビネスの中では稼ぎやすい部類に入ります。それはeBayという存在を知らない人が多く、また輸入ビジネス自体を敷居が高いものと思っているからです。輸入ビジネスはせどりやヤフオクとモバオク間の転売に比べると始めるのは難しいですが、やり方とコツさえ掴めば爆発的に稼げる可能性を秘めています。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

情報商材の販売で稼ぐ

情報商材というのは、ネットビジネスや投資、美容やギャンブル、恋愛、子育てなどに関する情報やツールのことです。例えば、「勉強をしたことがない人でも宅建に合格した手順」「メルマガで稼ぐ為の7ステップを書いたバイブル」とか、「ニッチで堅実な転売のカメラ転売」のようなものです。

これらの情報商材は、infotopinfocartというサイトで扱われています。主なジャンルはネットビジネスや美容、恋愛などです。このサイトに販売者(インフォプレナー)として登録することで、情報商材を作成して販売することができます。

自分が作った情報商材は、アフィリエイターの人達が販売してくれるので、自分自身が何かをする必要はありません。情報商材の販売は、ネットビジネスの中ではほぼ完全な不労所得の部類に入ります。

主な情報商材は、ネットビジネス系と美容系です。「せどりで月商100万円売り上げた秘密」とか「2週間の○○ダイエットで5kg痩せる方法」のようなものです。特にネットビジネス系は登録者が非常に多く、競争率も激しいです。

登録する商材は、内容が基準をクリアしたものであるかが厳重に審査されてチェックされます。最低基準をクリアしていない商材は登録できません。昔、infostyleという情報商材会社がありましたが、詐欺まがいの商材が多かった為に潰れたようです。ネットでは伝説化されています。

メリット

情報商材の販売のメリットは、成功すれば不労所得になることと、検索エンジンのアルゴリズム変動の影響を受けないことです。不労所得にはアフィリエイトとYoutubeの動画再生の2つがありますが、情報商材の販売もその内の1つです。Youtubeの動画再生と同じく、登録すれば後は何もする必要はないので、ほぼ完全な不労所得になります。

アフィリエイトは検索エンジンのアルゴリズムの影響を受けますが、情報商材の販売はその影響を受けません。この部分はメールマガジンやYoutubeの動画再生と同じです。

こうしてみると、Youtubeの動画再生というものがどれだけ優れた不労所得かが分かります。例えば自転車やスケボーのスーパーテクニックゲームのスーパープレイ動画可愛い猫や犬手品などは、未来においても価値が変わるものではありません。10年経ったとしても変わらず再生数は得られるでしょう。

デメリット

情報商材の販売のデメリットは、情報が古くなったりした場合に売れなくなるリスクがあることと、売上の数%と手数料を情報商材会社に取られることです。

情報商材はある1つのテーマに特化したものである為、このリスクはアフィリエイトより大きいです。アフィリエイトは1つの情報が古くなっても、他のたくさんの情報が残っている為リスクの分散ができますが、情報商材は1つの情報に依存している為リスクの分散ができません。

情報商材というのは、販売にかかる手数料が非常に多いです。基本的に、自分が販売している商材の売上の5.52%〜8.38%が取られます。10,000円の商材だとすると、約800円程度が取られます。

他に、電話注文システムやbookendシステムを注文者が利用した場合、システム利用料として477円取られます。また、トランザクションというものがあり、クレジットカードの処理手数料として商品が1つ売れるごとに96円+税金が取られます。

情報商材会社というのは手数料を非常に多く取ります。アフィリエイターでも報酬振込みに725円近く必要になり、商材販売者(インフォプレナー)もシステム利用料やトランザクションが必要です。これは利益率の高い情報商材ならではのデメリットといえるでしょう。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

家やマンション、アパートや土地を貸して稼ぐ

これはできる人が限られますが、マンションや一軒家、土地などの不動産を持っている場合に不動産収入を得られる場合があります。貸せるものには、マンション、アパート、一軒家、駐車場、コインロッカー、船、航空機、土地などがあります。

この方法はあまり現実的ではありませんが、場合によっては利用できることがあります。余っている土地を駐車場にしたり、貸し倉庫にしたり、その土地そのものを貸したりします。今いる土地の立地条件が良ければ、今流行りの介護施設や工場などを建造して貸すことも可能です。その賃貸収入で自分はアパートやマンションなどに引っ越します。

at homeHOME'SSUUMOなどの賃貸サイトでは、一戸建て住宅やマンションの個室などが賃貸として貸し出されています。これは個人でも貸し出すことができますつまり、立地条件の良い一軒家や新築の一軒家などがあれば、その家を貸して自分は安いアパートに引っ越したりすることができるということです。

アパートやマンションなどは昔は入居するのに多額の保証金や保証人が必要でしたが、今は必要ありません。保証金は3万円程度で良く、保証人もなしで入れるコースがあります。保証人なしは保証金が1万円ほど高くなりますが、保証人のややこしい手続きを考えれば非常に安いです。

土地の場合、貸りる側が建物を建てるので自分は建築料金を支払う必要はありません。立地条件がさほど良くなくても、工場などには利用できることがあります。しかし、今は不景気で土地が余っているので難しい状況です。今後は少子化で人口も減っていくのでさらに厳しくなっていくでしょう。

不動産収入はこれからの時代にはあまり向いていません。少子化で日本の人口が減っており、土地の価値が急激に暴落しているからです。ヤフオクの土地のオークションの相場を見れば分かりますが、10年ほど前に比べて値段が10倍以上変わっています。立地条件の良い土地なら値段はまだ高いですが、普通の土地なら格安で買うことができます。

今からマンションや土地、アパートを買って不動産経営を始めるのは賢い選択とは言えないでしょう。それだけの資金があるなら投資信託などの安定した投資に回した方が良いです。リスクはありますが、大手の安定ファンドを数個保有しておけば安泰です。万一事故が起きても基準価格が下がる前にファンドを売ればリスクは回避できます。

メリットとデメリット

不動産収入のメリットは、楽であることと、安定した収入が期待できることです。基本はat homeアパマンショップなどの不動産会社に管理を任せておくだけで良いです。新しい入居者や退去者が出ても基本的な手続きは全てやってくれます。なので資産運用が非常に楽です。

不動産収入は借り手がいればお金は継続的に入ってくるので安定した収入が期待できます。特に立地条件の良い土地や駐車場などはコストもほとんどかからず安定した収入が得られます。マンションやアパートなどは地震などの災害においてリスクがありますが、土地や駐車場であればリスクはほぼありません。仮に損壊したとしてもすぐに修復できます。

不動産収入のデメリットは、始めるのに莫大な資金が必要になること、借り手がいないと収入が得られないこと、家賃滞納などのトラブルがあること、マンションやアパートの場合いずれ建て直さなければならないことです。

不動産収入は、借り手がいないと収入にはなりません。不景気の今は、家賃滞納や契約破棄などの問題が非常に増えています。名のある企業やコンビニなどに土地を貸すのであれば問題ありませんが、アパートなどで部屋を貸す場合は注意が必要です。そもそもアパート自体不安定で不動産収入には向いていません。

不動産収入でリスクを少なくしてやっていけるのは、立地条件の良い土地を貸すことや駐車場として貸すことです。立地条件の良い土地であれば災害のリスクや借り手がいなくなるリスクを少なくでき、安定した収入が得られます。その上管理も楽です。ただし、それらの土地は値段が非常に高いです。1億円以上することもザラにあります。

マンションやアパートの場合、決まった年数を過ぎると建て直しをしなくてはなりません。区分所有法マンション建替え円滑化法という法律によって定められています。目安はだいたい50年です。今現在建っているマンションは築20〜25年のものが多いので、25〜30年を目安に考える必要があります。

マンションやアパートを建て直す場合、壊すだけで、その後貸し土地や駐車場にすることもできます。しかし、壊すだけでも莫大な費用がかかります。立て直すにしても壊すにしても費用はかかるので、それまでに得た不動産収入を使っていくことになるでしょう。

土地の場合は建て直し作業は必要ありません。リフォームや建て直しをしたい場合は借り手が自費で行います。ただし、マンションやアパートのようにそこに住めないという欠点があります。これは別の所に住めば良いだけなのでそれほど大きなものではありません。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

投資競馬は稼げる?

投資競馬とは、馬券を倍がけにして買っていく投資方法です。馬券を1つ買い、外れたら負けた金額を取り戻せる額の馬券をまた買います。これを繰り返していきます。例えば、一番人気の馬のオッズが2.0倍の場合、最初に1000円分買い、外れたら次は2000円分買います。すると、二回目に当たった場合は+1000円なので1000円分の利益が出ます。

マーチンゲール法

この賭け金を2倍にして買っていく方法をマーチンゲール法と言います。マーチンゲール法は最初に100円から始めてオッズが2.0倍の場合、どこで的中しても利益は100円になります。たった100円です。そして、競馬は1日12レースですから、12レース全てが外れた場合の損失額は819,200円です。これは、100円×2の13乗で計算できます。表にすると、以下のようになります。

マーチンゲール法
1レース 2レース 3レース 4レース 5レース 6レース 7レース 8レース 9レース 10レース 11レース 12レース
オッズ(倍率) 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0
購入金額 100円 200円 400円 800円 1,600円 3,200円 6,400円 12,800円 25,600円 51,200円 102,400円 204,800円
累計購入額 100円 300円 700円 1,500円 3,100円 6,300円 12,700円 25,500円 51,100円 102,300円 204,700円 409,500円
利益 100円 100円 100円 100円 100円 100円 100円 100円 100円 100円 100円 100円

12レース連続で外れる可能性は、自分が買っている馬券の的中率が50%と仮定した場合、1/4,096ですので約0.00024%になります。つまり0.00024%の確率で819,200円を失います。これは毎週土日に休まず競馬を行った場合、7年に一回の確率でこの事故が起きる計算になります。

オッズが2.0倍で的中率50%の馬券なんてそうそう出るものでもなく、12レース連続で出るというのはありません。なので実質は的中率40%程度になるでしょう。つまり、5,6年に一回はこの事故が起こる計算です。しかも、この方法で出る利益は100円です。毎週競馬をやったとしても、月800〜900円の収入にしかなりません。

これだけのリスクと時間を負ってたったの800円です。非効率とかそういうレベルじゃありません。マーチンゲール法は理論的には勝てますが、実際は負けます。それに、10レース目や11レース目に100円稼ぐ為に大金をかけるなんて現実的ではありません。精神的な負担も半端ではないでしょう。

ココモ式投資法

マーチンゲール法の他にも、ココモ式投資法モンテカルロ式投資法というものもあります。ココモ式投資法は、3.0倍以上のオッズの馬券を買い続ける方法です。最初のレースで100円買い、その次も100円、その次は200円という風になります。表にすると以下のようになります。

ココモ式投資法
1レース 2レース 3レース 4レース 5レース 6レース 7レース 8レース 9レース 10レース 11レース 12レース
オッズ(倍率) 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0
購入金額 100円 100円 200円 300円 500円 800円 1,300円 2,100円 3,400円 5,500円 8,900円 14,400円
累計購入額 100円 200円 400円 700円 1,200円 2,000円 3,300円 5,400円 8,800円 14,300円 23,200円 37,600円
利益 200円 100円 200円 200円 300円 400円 600円 1,200円 1,400円 2,200円 3,500円 5,600円

表を見ての通り、マーチンゲール法の比べ賭け金が穏やかで損失も少ないです。オッズが3.0倍なので利益率も高くなります。投資競馬の中では最も利益の出しやすい方法です。どこで的中しても利益が出て、かつリスクも少ないです。投資金額が少ないので12レース目以降でも一応続けることができます。これは土曜日の12レースで全て外れても、日曜日の13レース目に続きを行うということです。

この方法は一見稼げるように見えますが、要するにマーチンゲール法のリスクの分散方法を変えただけです。オッズが3.0倍以上の馬を当て続けるというのは簡単ではありません。一番人気の馬の単勝でだいたい2.0〜2.2倍、二番人気の馬で4.0〜4.3倍のオッズです。単勝というのは、1着でゴールする馬1体を当てれば良いシステムです。

2番の馬が単勝で勝つ確率は平均して20%程です。つまり5回に1回は勝てる計算になります。これはマーチンゲール法とほぼ同じです。いつかは15回、20回以上負け続けて破産するでしょう。勝率20%なんてとても勝算に走れる確率ではありません。

投資競馬は稼げない

私は16歳の時、競馬の複勝でこれをやってみるとどうなるのか考えたことがありました。複勝というのは、1〜3着に入る馬を当てるシステムです。馬が7頭以下の場合は1〜2着です。的中率が増える分、オッズも減ります。オッズの平均は、一番人気で1.26倍、二番人気で1.54倍、三番人気で1.90倍ぐらいです。

これを見ても分かると思いますが、単勝と結局同じです。複勝の場合は金丸法と呼ばれています。これも上記の投資法と同様、リスクの分散のさせ方を変える投資法です。続けていればその内破産するでしょう。

投資競馬で稼げるかと言われたら、私は絶対に稼げないと言います。理由はいつか必ず破産するからです。ちなみに私は16歳の時、複勝式の競馬をやりませんでした。利益を電卓で計算し、シュミレーションしている内に破産することに気付いたからです。

間違ってもココモ式投資法などで小遣いを稼ごうなどと思わないで下さい。あれは一度手を出したら破産へ繋がるものです。これをやるなら、スロットの天井ハイエナの方が良いです。競馬は国や地方が相手なので抜け道はまずありません。パチンコやスロットは店が相手なのでまだ可能性があります。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

ドロップシッピングは稼げる?

ドロップシッピングとは、ネットショップのようにショッピングサイトを作り、商品を販売して稼ぐ方法です。ネットショップとの違いは、在庫を持たずに売ることができるという点です。商品を仕入れるコストや商品の管理場所などもなくリスクがありません。以下は、ドロップシッピングができるサイトです。

ドロップシッピングの実態

一昔前は稼げた時期もあったのですが、今ははっきり言って全く儲かりません。実質的にはリードメール以下です。ドロップシッピングというのは要するにAmazonや楽天の劣化版のようなものです。大手のAmazonや楽天に勝てるサイトを作ることなど素人にできるはずがありません。

これをやるならAmazonアフィリエイト楽天アフィリエイトDMMアフィリエイトで商品を紹介して売った方が遥かに稼げます。

今現在ドロップシッピングをやるメリットはゼロに等しいです。時間と労力が無駄になる可能性が非常に高いです。ドロップシッピング系のサイトが次々に閉鎖していることからもそのことが伺えます。

このページの先頭へ  TOPページへ戻る 

アンダーライン サイト名:神の内職|確実にネットでお金を稼ぐ100の方法
管理人ブログ:無職ニートがアフィリエイトで月20万円稼げるようになったブログ
管理人:かずのん
メール:kazunon77★gmail.com(★を@に変えて下さい)
inserted by FC2 system